宝くじが当たったら30年以上残っている住宅ローンの返済、国内1周旅行、老後の為の資産運用に使いたい

私は30代の主婦のピースケと言います。もし私に宝くじが当たったら、まずは変な宗教施設やNPO団体、対して仲の良くなかった友人、遠い親戚などにばれないように細心の注意を払います。
家族には当たった金額は少なめに申告すると思います。申告していない分のお金は家族に内緒で老後の資金の為に株や国際、投資信託などで運用します。
配当金などで年にいくらか入ってくると思うのでそれを生活費に充てます。
もしくはアパートやマンションを購入し委託動産業者
残りは、30年ほど残っている住宅ローンの返済に充て、予算が足りず手を付けることが出来なかった外構工事をします。コンクリート敷きにしたり、柵を作ったりガレージも作ったりしてお洒落な庭にしたいと思います。
そしてライザップなどのパーソナルトレーナーが付く月会費が高額なジムに通って長年悩んできた肥満とお別れするために筋肉をつけて鍛えたり、引き締めたりして健康的な体を手に入れたいと思います。
あとは10年近く乗っている自家用車を買い替えたいと思います。前から欲しいと思っていたスバルのXVを購入したいです。
そしてその購入したXVで昔からの夢だった日本1周旅行をしたいと思います。北は北海道から南は沖縄、そして屋久島や小笠原諸島などずっと行ってみたかった日本各地の名所や旧跡を訪れたいです。
今までは安いビジネスホテルにしか泊まったことが無かったのでご飯がおいしい温泉宿に泊まったり、部屋が広い豪華なリゾートホテルなどに泊まってみたいです。
いっぺんに色々なところに行くよりも毎年、各地の観光地を訪れたりして少しずつ楽しみたいと思います。
他には今までお世話になってきたお礼として贈与税がかからない100万円を親や兄弟、配偶者に渡したいと思います。
それでもお金が残ったら、残ったお金は生活費に充てて、普段はあまり贅沢せず、たまにおいしいご飯を食べたりたまに旅行に行ったりしてチマチマ使っていきたいと思います。