宝くじでもし10億円当ったら動画制作の会社を起業することにつかいます。

軽い自己紹介(ペンネーム)
Naomi999です。
ワーキングホリデーでオーストラリアに来ました。
貯金もそこそこ、行き当たりばったりできてしまったので現在無職3週間目です。
現在、不安を通り越して、頭の中がお花畑になってきた状態です。

こちらの文章制作が一瞬で浮かんできたので、
楽しく書かせていただきました。

【利用計画】宝くじでもし10億円当ったら動画制作の会社を起業することにつかいます。

具体的なプランは

0、まず、2つアクションを起こします。
・「宝くじで1億円当たった人の末路」kindle版1400円を買って読みます。
なぜならもし当った時にパニックにならないためです。

・親に結婚、離婚、ワーホリ時に借金した500万を返済します。

ようやくスタートラインに立てました。

残高:994998600円

1、人にバレナイようにするため、自分の周りの人との縁をまず断捨離します。
大切な人だけ、ときめく人だけで囲みます。

2、わたしのように『我慢料』が時給になっている人を、
好きなことを発信して安心して稼ぐ人をもっと増やしたいです。

3、動画制作の会社は今後も稼げる分野なのでどんどん意識高い系の起業家達と繋がりをもち、
たくさんのインフルエンサーを増やしていきます。

4、2年で動画制作会社が100億の収益を産み、
世界で注目される企業に成長させます。

5、イーロンマスクと前澤さんに掛け合いに行きます。
「わたしも月に行かせてはくれませぬか?」と。
その後、100億かけてでも、月に行きます。

そのような感じで、わたしは貯金ができるタイプではないので入ってきたらすぐ使ってしまうと思います。

でも、お金を持っているより人に使って今動いてもらうことは、
世界がより便利で快適でになると思います。
世界が便利で快適になれば、みんなの時間が増えます。
家族、恋人、友人、との時間をみんなにもっともっと感じてもらえる世の中になればいいと思います。

とにかく、世界を平和にするには、世界中の人達が、心の底から自分に合っている仕事をすることだと思っています。